2017年8月8日火曜日

子ども講座「忍者修業でござる!」の報告!

8月8日(火)子どもたちが待ちに待った忍者修業の日がやってきました。参加者は63名。
講師は、若久流忍法修道場総師 若久白雲斉こと山口英治さんです。
射的の術、吹き矢の術、目測の術、箸使いの術などなど合わせて8種類の術に挑戦しました。
最後に、ひとりひとり図柄が違うオリジナルの忍者修業修了証を先生よりいただいて、みんなご満悦でした。

釣り上げの術
よ~いどんでタコ釣り開始。
なかなかひっかかりませんよ。

吹き矢の術
的をめがけて「ふっ~!」と思い切り吹いて~


射的の術
いろんな怪獣が的になっています。
ねらいを定めて輪ゴムの銃でたおしますよ。


はし使いの術
全部で25粒の大豆を箸でつまんで移します。
時間は60秒、力加減が難しい!


目測の術
割りばしをペットボトルの中に入るように落とします。


かっこいい「忍者修業終了証」をもらいました。

感想より(2年生)
今日にんじゃになれてすごく楽しかったからまたいけたらいきたいです。
それでいけたらきょうよりもすごくなりたいです。



































































2017年8月7日月曜日

8月の歴史講座 報告!!

8月4日(金)
前半の発表者は福岡大学大学院博士課程の西幸子さん
テーマは『南区大平寺 源蔵池採集鉄滓について~大平寺遺跡群源蔵池地点の調査~』
西さんは今年3月、韓国釜山大学への留学から帰国して、春の発掘測量調査にも駆けつけてくれました。
「皆さんに久々にお会いできて、うれしいです。」と笑顔で登場です。
桃﨑教授と源蔵池で鉄滓を発見した時の状況や、日本でも最古級の製鉄所の可能性についてなど、お話していただきました。

後半は、太田先生による発表で、
テーマは『古墳時代の須恵器生産~福岡市南区中島窯跡群を中心に~』
中島窯跡は柏原1丁目のやまもも会館の裏にありますが、九州での古墳時代後期(6世紀)の須恵器生産を探るうえで大変重要な遺跡です。
2012~2013年の福岡大学考古学研究室の測量調査中に再発見されて、注目されている遺跡だそうです。

「皆さんお久しぶりです!お元気ですか?」と西さん

大平寺の源蔵池で採取した鉄滓。
磁石を近づけてみます。


柏原で出土した須恵器の破片も持ってきてくれました。

2017年8月3日木曜日

夏休み子ども講座 柏陵高校のお兄さん、お姉さんと一緒に・・・

8月3日(木)10時~
牛乳パックで紙漉き体験&葉脈しおりつくり
講師は、同じ校区内にある柏陵高校の神田勝聖先生、新地祐子先生、環境科学コースの生徒さん達です。
子ども達は、みんな初めての体験にわくわく、どきどきでした。
お父さん・お母さんもたくさん参加してくれましたよ。

牛乳パックを2日ほど水につけてフィルムをはがしミキサーにかけて溶かします。


紙漉きをしています。厚みを均等にするのが難しい。

紙漉きで出来た紙にアイロンをかけて乾かしています。

 
ひいらぎの葉を1週間かけて炭酸ソーダで煮込みました。


葉肉を歯ブラシでやさしくこすり落として葉脈だけにします。

紙漉きで作った台紙に、葉脈と好きなシールをいれてラミネート、
オリジナルのしおりを作っています。
中にはシール選びに夢中で、肝心の葉脈を忘れる子も・・・

できあがりました!夏休みの宿題になったね。



















2017年7月28日金曜日

子ども防災講座

7月27日(木)、小学5・6年生を対象に、DIG(災害想像力ゲーム)を行いました。
夏休みは子供だけになることも多く、その時災害が起こったらどうする?
そんな投げかけで始まりました。
柏原校区6つの町別に分かれて行います。
講師は「博多あんあんリーダー会南支部」の防災士7名の方で、
ファシリテーター(進行役)と、各班にひとりずつ助言者として入って頂きました。
各班のリーダーは、その町に住む育成会のお母さんです。
大きな校区の白地図に色マジックやシールを使って書き込みながら、
自分たちの町の特徴を学びます。
総勢74名の参加で、やる気マンマン熱気ムンムンでした。

感想より
今日の学習でもし地震や土砂災害が起こった時にどこに逃げるのかや
どこが安全な場所かなどをマップに書いたり、防災士の人たちに教えてもらったこともよくわかりました。(6年生)

主催:柏原公民館    協賛:青少年育成連合会


校区の地図に自分の家や学校、公園、病院など印をつけていきます。
登下校で毎日見てるのに??もある!
自分の町内の特徴など
各町の代表の子が発表します。 


「今日学んだことを家に帰って家族で話し合います。
あんあんさんありがとうございました。」
最後に代表の子があいさつをしました。













2017年7月24日月曜日

大人の体験講座 本格手回しろくろを使って陶芸に挑戦!

7月22日(土曜日)、陶芸に挑戦しました。
講師は、陶芸教室「やわらぎ」の後藤和正さん。
お茶碗、湯呑み、小鉢、お皿、焼酎カップ、ビールカップなどなど
みんな思い思いの作品ができました。
1ヶ月後の焼き上がりが楽しみです!



最初に粘土を丸くしてろくろにしっかりと固定します。
よし、焼酎カップをつくるぞ~
5キロのろくろを回しながら制作中。


先生の手にかかれば、魔法のようにきれいな仕上がりになります。


素敵な作品ができました。
うわぐすりの色は4色の中から選ぶことができます。
織部・桜花・黄瀬戸・ルリ
これは色の見本です。迷いますね~




2017年7月20日木曜日

「柏原知っとる会!?」のよもやま話

7月19日
講師は生まれた時から柏原にお住いの高橋重樹さんです。
古き良きなつかしい昭和の柏原の様子を、いろいろと教えていただきました。
昔の柏原の大通りは、今のルートとは違っていて、曲がりくねっていました。
古野から柏原(農協付近)は一面の水田と桑畑だったそうです。

赤い線が昭和初期の柏原のメイン通りです。
今のバス通りではなく、やまもも会館の前の旧道になります。
古野のバス停の江島屋さんの所から、照安寺横の政所橋の間の道です。




メイン通りには、こうじやさん、あめやさん、あさひやさん(酒屋)、しんよう(金融)などとよばれた商店街がありました。
また、大通りでは盆綱引き(かずら)もしていたそうです。
メイン通りの真ん中で綱引きだなんて、なんとのどかな時代でしょう!
テレビも、車も、電話もなかったけれど、
人々が関わり合い、助け合う、心豊かな時代だったのでは・・・・
高橋さんのお話を聞いて、そんな気持ちになりました。


2017年7月19日水曜日

ごうやの夏バテ対策

夏の厳しい日差しが辛いのは人間だけではありません。
近年のように猛暑が続くと植物もたまったものではありませんよね。
そんな夏の暑さからごうやを守るため
「寒冷紗」でプランターを覆いました。
「寒冷紗」とは、夏は強光・高温・乾燥を防ぐのに、冬は防霜・防寒など、古くから利用されてきた被覆資材です。近年は化学繊維を用いたものも多くなりましたが、一昔前の夏の風物詩である「蚊帳(かや)」にも利用されていたものだそうです。

 大平寺の廣田さんが、ごうやの為に手配をしてくださいました。


黒い覆いが「寒冷紗」です。左が作業中の廣田さん。
見た目もいいようにと、きちんと測って針金で固定して、きれいに取り付けてくださいました。

2017年7月11日火曜日

寺子屋かしはら報告 先ず、捨てることから始めよう!

7月11日(火)、「あなたに合った収納の工夫術・老前整理のすすめ」
講師:財木昭収さん(パナソニック)

あなたはどんなタイプ?
ということで、まず性格チェック。
溜め込タイプ、散らかしタイプ、詰め込みタイプ、凝りすぎタイプと
性格別に、お勧め収納をアドバイスしてもらいました。

100円ショップなどで販売されている収納便利グッズもいろいろと紹介してもらいました。
◆感想より
なかなか捨てられない性格のものですから、今日の話は為になりました。
どれだけ実行できるかは分かりませんが、まず1日30分から始めてみようと思います。
 (70代女性)

2017年7月10日月曜日

ごうやの成長記録

7月10日、5月にごうやの苗を植えてからちょうど2か月たちました。
大平寺の廣田さんが、時間をみつけては手入れに来てくださっています。
一番伸びているツルの先まで長さを図ってみると、なんと5メートル丁度。
たった2か月で5メートルも伸びるなんて!!
植物の持つ生命力にあらためて驚きです!!


5月10日
6月10日


7月10日
ごうやのカーテンのおかげでお部屋の中はとっても涼しいですよ!

こけ玉作りでほっこり

7月8日土曜日、大人の体験講座第1回で
「こけ玉づくり」をしました。
講師は緑のコーディネーターの黒瀬恵子さん。
緑のコーディネーター第1期生のベテランで
とてもわかりやすい説明はさすがです。

27名それぞれに、丸くてかわいい素敵なこけ玉が完成しました。
暑い夏に、涼しげでほっと癒されますね。

今ではコケがなかなか手に入らないそうです。
黄色のベストの方が黒瀬先生です。



ヤブコウジ・スコッチシダ・サクラランの中から好きなものを選びます。
コケ・ケト土・コケを巻く糸などがセットになっています。
右横の緑の布玉は丸くするために糸を巻く練習用のものです。


家族連れ、若い方、幅広く参加してくれました。


出来上がり! 
猛暑に負けないように大切に育ててくださいね~






7月歴史講座報告 柏原古墳群の権 

7月7日の歴史講座は、雨の中27名の方が参加してくれました。
テーマは「柏原古墳群の権 ~韓国・百済の権を観て~」
福岡大学修士課程2年の輪内遼さんの発表です。
今年3月に、韓国の扶餘へ2週間程行って、国立扶餘博物館でルーツの候補でもある百済の権を見学してきた成果を発表してくれました。


扶餘のみそ汁はおいしかったそうです!

◆後半は太田先生の指導による文化財普及活動ワークショップ

今日の内容は…
散歩コースを決める作業です。
距離や時間などみんなで考えて、
4班それぞれに、テーマに応じた散歩コースが決まりました。

おとなから子どもまで誰でも回れるコースを考えます!

2017年7月4日火曜日

”初なりごうや”です!

7月4日、記念すべき今年初めてのごうやが実り収穫しました。
なんと、長さ25㎝の柏原公民館史上一番のビッグサイズ!
葉っぱの陰に隠れていたのを、サークルの方がみつけてくれました。


どうどうの一番なりです!





めだかのあかちゃんを見に来てね!

「メダカの学校」の先生、大平寺の廣田さんから、めだかの赤ちゃんをいただきました。
とってもかわいいですよ。

そ~っとのぞいてみてください。
右の青い箱には、卵を産み付けている棕櫚の葉がはいっています。



あかちゃんが泳いでいるのがわかりますか?
体長3~5㎜です!


2017年6月28日水曜日

公民館掲示板をのぞいてみてください!

公民館の掲示板には、いろいろなお知らせがはってあります。
のぞいてみてくださいね!


かわいいポスターも貼ってありますよ!

歴史講座現地調査 神社編

6月23日(金)、今日の歴史の史跡調査は、埴安神社と照安寺です。
福岡大学人文学部歴史学科の太田先生と一緒に、出かけました。

埴安神社は古代には四十塚付近にあり、安政年間(1850年代)に現在の場所へ建立されました。埴安比古命(ハニヤスヒコノミコト)を祭ってあり、埴安神は土を守る農業の神様で、柏原4丁目地域の産土神です。

埴安神社の手水鉢
なんでこんな形なんでしょう!?



埴安神社の鳥居・石灯籠。安永二年(1773年)建立とあります。

  
埴安神社の末社:貴船神社
(埴安本殿の裏、右側にあります)
以前、貴船神社は、今のバス通り沿いのリサイクルステーションの付近にありました。
水船の神様で、祈雨・止雨の神様です。
正月に牛馬を川で洗い、安全祈願の参拝をする風習があったそうです。

◆照安寺は江戸時代から続くお寺です。
もとは、糠塚池の上にありました。


照安寺山門(柏原4丁目)



照安寺の庭にある石臼
江戸時代後期、柏原7丁目付近で行われていた合薬再生の為に使われていたものです。














ある日のおもちゃ病院

先日、校区の方が治療にもってこられた思い出のおもちゃ。
ぜんまい仕掛けの、腕立て伏せをするおやじさんの人形です。


昭和の古き良き時代の懐かしいおもちゃ、いつのまにか動かなくなっていたものが・・・
おもちゃドクターが収集している中古の部品を使って、懸命の治療で見事復活しました!
元気に腕立て伏せ、やってま~す!

柏原小学校3年生の公民館見学!

6月26日(月)、柏原小学校34名の子どもたちと先生が公民館見学にきてくれました。


公民館ってどんなところ?サークルって何ですか?
質問が次々にでましたよ。


公民館には全部で7つの部屋がありますよ。
事務所は「職員室に似てるね」と子どもたち。


特別に「社交ダンス」の体験をさせてもらいました。
マンボのリズムで踊りますよ~


柏原校区の歌「明日に向かって~SONGかしはら」を知っていますか?
「来てごらん~羽黒の杜にこだまする~元気な子らの柏原は~」という歌で、
歌詞は校区のみんなで考えたものです。
その歌に合わせてみんなで踊りました!!